2014年5月アーカイブ

最近のニキビケアについて

あなたは、ニキビで悩んだことがありますか?多くの人が1度はニキビが出来たことがあると思います。
オデコにニキビがちょっとできただけで、1日がブルーになってしまいますよね。
化粧のりも悪くなるし、外出しようという気もなくなってきます。
普段からちゃんと洗顔しているのに、ニキビができてしまうと、どうしたら良いのか悩んでしまいます。
ですが、逆に洗顔のし過ぎは良くないようです。
ニキビが出来てしまう理由はいろいろあります。
だから洗顔で予防出来る人もいれば、それだけではダメという人もいるのです。
例えば、ストレスや生理前に出来るニキビは洗顔だけではちょっとむずかしいかもしれません。
そのため、生理前 ニキビの予防には、それにあったニキビケア化粧品を使うのがおすすめです。
洗顔だけしても、皮脂の分泌が過剰になって逆効果になるので、ストレスや生理時のニキビには、それにあったケアをするように心がけて下さい。

肌トラブルを早く解決する方法があるすればそれは有効成分を与えると
いうことと肌本来の再生・修復力を高めるというのがあります。

その方法ですが、1つは断食があります。

断食することで消化に使われている酵素を代謝に回すことで肌の代謝も
よくなります。そのためには消化作業を休止する=断食がベストです。

それから睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌を促すということがあります。
寝ている間に肌の再生と修復が行われますからそれをサポートするわけです。

ちなみに成長ホルモンは筋トレをすることでも分泌されますから週3回の
ジムでのトレーニングというのは欠かせません。

こうした肌本来の機能を高める方法に比べると角質ピーリングなどの方法は
ちょっと邪道なのかな?と思います。効果はあると思いますけど円。

コスメとしてはAHAやBHAを配合したものを使ってなおかつビタミンCを使いたい
ところです。特に色素沈着系のトラブルにはビタミンC美容液は必須でしょう。

特集!>>赤いニキビ跡を早く消すビタミンC美容液

肌の機能は血行不良や栄養不足、紫外線等の影響でも低下します。ストレスが
多い現代人にとっては非常に肌のコンディションを維持するのは難しいですね。

化粧品の効果というのはあくまで予防的に使うということです。

肌トラブルとしては乾燥やニキビ・肌荒れ、敏感肌なんかありますけど、こうした肌に
ならないように使うということですよね。シミやシワ、たるみといった老化についても
これは同様です。

ただ、多くの人はこうした肌トラブルや肌老化に対する改善効果を期待してます。
ここにミスマッチがあって、化粧品を使っても全然肌の調子がよくならないという
ことがおきてくるわけです。

そもそもの化粧品を使う前提条件が間違っているんですよね。

今人気の美白クリームなんかをみてもその効果効能は紫外線によるシミ・そばかすを防ぐ
というものになっていると思います。日本語が理解できる人ならその効果は予防だとわかるはずです。

シミを消したいなら。。。⇒ハイドロキノン配合の美白クリームランキング

すでにできてしまったシミやくすみをどうにかするのではなく、できないように使うのが
美白化粧品です。なので1年中使って予防するというのが正しい使い方になります。

美白化粧品とセットで使う日焼け止めも肌が焼けないようにするためのものですよね。

日焼け止めで紫外線を防ぐ。日焼け止めでも防げなかった紫外線やその他のメラニンを生成させる
要因を美白化粧品で防ぐという2段構えが美白ケアの真実です。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja